予算を最小限にしてマンションの改修を神奈川で施工し納得できたこと

住宅資材はショールームに足を運んで選ぶ

ウェブサイトでリフォーム会社を探す4週間で新築同然に生まれ変わった住宅資材はショールームに足を運んで選ぶ

この改修工事で最も大変に感じたことは、用いる住宅資材の選択です。
文字だけで書くと簡単そうに見えますが、最終的な契約前には、ある程度の日数を掛けています。
依頼した会社側で上手く対応していただけたのですが、各メーカーは展示しているショールームを用意していて、事前にカタログでメーカーを絞ってから、実際にショールームに何度も足を運んで資材を決めることが必要でした。
予算の範囲内ということもあり、選択肢はある程度限定されますが、それでも色違いや素材の違い、機能面の違いなど様々な選択肢はあり、妥協するところは妥協をして、こだわりを持ちたいところはそれなりの譲歩も必要です。
床材に使うフローリングとクッションフロアだけでもカタログで見ても迷いは生じます。
後から後悔できない部分がマンションの場合は非常に多いので、私の判断だけではなく施工会社側の方のアドバイスも聞いた上で、話し合いを重ねて最終的な決定をしたものです。
完成後は予想以上の仕上がりになったことは喜ばしいことでしたが、実際には新しくなった部分と古い状態のままの部分が明確になったことに気付き、自分で改修できる部分は後からDIYで作業をしました。
例えばドアの縁部分や和室の桟の部分、他の木材を使っているカウンターの縁や建具などの細かな箇所は塗料をホームセンターで購入し、自ら塗装を済ませています。
全ての作業を終えてみると、満足度の高い内装にすることができ、安く施工できたことにも大きな魅力を感じました。